【最新刊】DEAD END

DEAD END

著:桃さくら 画:音子

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「親子で快楽を共有するなんて信じられない…」 「それじゃあ、ふたりで君を共有させてもらおうか」 平凡な生活を送っていた木場恭太郎は、友人の父親、矢嶋大樹と出会ってから、その人生を大きく変えられてしまう。巧みな手管によって、無理矢理身体を奪われてしまったのだ。しかもその現場を、友人の勇気に見られ、絶望を味わうが、それに反して勇気はふたりの淫らな関係に容易く加わってくる。可憐で妖しい親子に囚われ、肉体の快楽に溺れる自分を、恭太郎は嫌悪するのだが…。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2016/07/08

レビュー

  • 2014/01/20Posted by ブクログ

    苦手な3P。
    その上実の親子とかリバだとか、まあ苦手続出。

    なのにすっかり虜になっていました。

    八嶋親子も魅力的。
    そして、禁忌を受け入れかねながらも肉欲に溺れてしまう自分の身体に悩む健全で正義感...

    続きを読む
  • 2009/06/01Posted by ブクログ

    「夢を見ているのだと思えばいい」っちゅーのはなんだかなー、いいのかなー、開き直っちゃったなー、重たいなーってな感じです。

  • 2015/11/12Posted by ブクログ

    ◎総合評価 1
    ◆ヒロイン? 1  ◆ヒーロー? 1
    ◆純愛 1     ◆情熱 1
    ◆さわやか 1   ◆セレブ 1
    ※すんません!全くダメでした!!完全ななめ読み。それでも残る読後感の悪さ・・・。...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001657548","price":"649"}]

セーフモード