【最新刊】名も無き世界のエンドロール

名も無き世界のエンドロール

行成 薫

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【第25回小説すばる新人賞受賞作】ドッキリを仕掛けるのが生き甲斐のマコトと、それに引っかかってばかりの俺は、小学校時代からの腐れ縁だ。30歳になり、社長になった「ドッキリスト」のマコトは「ビビリスト」の俺を巻き込んで、史上最大の「プロポーズ大作戦」を決行すると言い出した――。一日あれば、世界は変わる。男たちの命がけの情熱は、彼女に届くのか? 大いなる「企み」を秘めた衝撃作。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/15
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(54件)
    • 名も無き世界のエ...2020/11/10Posted by ブクログ

       「金があれば、リサに近づけるかな」これは、マコトが働いている板金塗装で初めてリサと出会った時に言ったセリフである。ここからマコトとキダのプロポーズ大作戦の始まりである。
       この物語の内容は、「ドッキ...

      続きを読む
    • 名も無き世界のエ...2018/08/16Posted by ブクログ

      先入観無しで読んだが、とても面白かった。

      幼馴染の俺とマコト。マコトはドッキリに命をかけるドッキリスト。俺はドッキリに引っかかってばかりのビビリスト。そんな二人が計画する「プロポーズ大作戦」とは?
      ...

      続きを読む
    • 名も無き世界のエ...2021/02/07Posted by ブクログ

      映画化原作の第25回小説すばる新人賞受賞作、初めての行成薫。
      幼馴染の青年二人が計画した、10年に及ぶ壮大な「プロポーズ大作戦」の顛末と、そこに至るまでの経緯を時間軸を交差させながら描いています。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード