あやめ横丁の人々

宇江佐真理

764円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    婿入りの祝言(じゅうげん)の席上、妻に思い人のあることを知った大身旗本の三男坊、紀藤慎之介。逆上して間夫(まぶ)を斬り捨て、妻女を自害に至らしめた彼は、婚家のつけ狙うところとなり本所「あやめ横丁」に匿(かくま)われる。だが堀に囲まれたこの町ときたら、場所も住人もみな何やら訳ありで……。練達の筆がさえる長編時代小説。(講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/06/18Posted by ブクログ

      婿入りの祝言の席上、妻に思い人のあることを知った大身旗本の三男坊、紀藤慎之介。
      逆上して間夫を斬り捨て、妻女を自害に至らしめた彼は、
      婚家のつけ狙うところとなり本所「あやめ横丁」に匿われる。
      だが堀に...

      続きを読む
    • 2007/10/13Posted by ブクログ

      おもしろいっ

      史実的にこの『あやめ横丁』のような町が
      存在したのかどうかは甚だ疑問だけれど、
      物語的にはひきつけられる魅力満載。

      登場人物の切ない想いがひしひしと伝わり
      ところどころで涙涙。
      もち...

      続きを読む
    • 2011/08/10Posted by ブクログ

      やむを得ぬ理由で人を切ってしまった、主人公である旗本の三男が、ほとぼりが冷めるまで匿われることになった「あやめ横丁」に暮らす人々を描いた長編。うーむ、「あやめ」という言葉には別の意味があったのだなぁ。...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001657027","price":"764"}]

    セーフモード