【最新刊】妖鳥の甘き毒

妖鳥の甘き毒

高原いちか/東野海

957円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

王家の傍系である周家と、武官の家である檀家の勢力争いが繰り広げられる大国・白海国。周家の当主・西苑は、明晰な頭脳と美貌で若くして政ごとを取り仕切っていたが、一方で身分を隠し夜の街で男を漁る淫らな顔を持っていた。だがある日、西苑はその秘密を敵対する檀家の季郎に知られてしまう。若い獅子のような獰猛な光を放つ季郎に「黙っている代わりに、俺に抱かれろ」と傲岸不遜に告げられた西苑は、強引に身体を開かれるが――。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2016/07/10
連載誌/レーベル
リンクスロマンス

レビュー

  • 妖鳥の甘き毒2016/07/21Posted by ブクログ

    受が程良いビッチで萌えました。生い立ちに問題があるんだけど、まあビッチにもなるわな。最後には互いに想いあって命を懸けて助けようとするところがいいです。

  • 妖鳥の甘き毒2016/12/23Posted by ブクログ

    うーん。いまいち…でした。残念。

    中華風のBLは初めて読んだのですが、ストーリーは面白くて、メインの二人にそこまで共感できなかったこともあり、もっと政治の話とかが読みたい!と思っていました。

    受け...

    続きを読む

セーフモード