【最新刊】黒狼王の水鏡

黒狼王の水鏡

橋本悠良/古澤エノ

957円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

広告代理店に勤める馨は、人ならざるものが見える特異体質を持っていた。そのため周りに馴染めず、孤独な思いを抱えていたが不思議な鏡を拾ったことをきっかけに、馨の生活は一変する。なんと、鏡から獣の耳と尻尾を生やした少年が現れたのだ。「物の怪を統べる王、黒狼の化身・大牙だ」と名乗った少年は鏡が割れたせいで力を失い幼体化し、元の世界に帰れないと言う。そんな大牙の面倒をみることにしたが、彼は人間を毛嫌いし、敵意を向けてくる。それでも時間を重ねるごとに心を開いてくれ、馨もまた、大牙との生活に孤独を忘れかけていた。しかし 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2016/07/10
連載誌/レーベル
リンクスロマンス

レビュー

  • 黒狼王の水鏡2019/10/08Posted by ブクログ

    過去は変えられない。だからこそ、向き合わなければいけない。確かにそうなんだけど、実行するのは難しいことだよなぁ。と思った。
    忘れられない過去と、他の人には見えないものが見えるという体質を持つ馨。辛いこ...

    続きを読む
  • 黒狼王の水鏡
    ネタバレ
    2016/10/02Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています

セーフモード