【最新刊】P+D BOOKS 風土

P+D BOOKS 風土

1冊

福永武彦

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    芸術家の苦悩を描いた著者の処女長編小説。関東大震災と第二次世界大戦という二つの歴史的大事件に挟まれた16年間――画家・桂が片時も忘れえなかった昔の恋人・三枝夫人との再会と、すれ違った愛の行方を追い求め描いた作品。世界が激しく揺れ動いた時代、日本という風土に生まれ育った芸術家の思索、苦悩、そして愛の悲劇を通して人生の深淵に迫った力作である。完成までに十年の歳月を費やした福永武彦の文学的出発点ともいえる。解説は芥川賞作家であり、福永武彦の長男でもある池澤夏樹氏。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/08
    連載誌/レーベル
    P+D BOOKS
    出版社
    小学館/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/07/16Posted by ブクログ

      福永武彦の処女長編。
      戦前、徐々に情勢がきな臭くなる時代を舞台にしているが、作中の雰囲気はモダンで優雅さもある。但し、先行きの不安さはうっすらと漂っている。
      先日、同じくP+D Booksから出た『海...

      続きを読む

    セーフモード