【最新刊】東大と野球部と私――勝つために大切なことは何か

東大と野球部と私――勝つために大切なことは何か

1冊

桑田真澄

1,527円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ「東大は強くなった」のか!? 東京大学野球部特別コーチとして2年にわたり指導した著者が、初めて綴る活動記録。「キャッチボールで大声を掛け合うのは意味がない」「ダウンスイングの打者は打ち取るのが楽」など、野球界の常識を覆す理論が目白押し! 「アウトローにまっすぐが決まればアウトが取れる。どこまでいってもそれがピッチャーの原点だ」――薫陶を受けた左腕・宮台康平投手が2016年春、東京六大学野球リーグ戦で3勝! 甲子園経験者も150キロの速球もいらない、“頭脳の野球”の指導理論と哲学を凝縮。野球指導者のみならず、あらゆるスポーツマンに役立つヒントが満載です。東大野球部OBで、NHK「ニュースウオッチ9」元キャスターの大越健介氏との特別対談も収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/01

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/10Posted by ブクログ

      読書メモ

      https://k-koh.hatenablog.com/entry/2020/03/10/141503?_ga=2.222134168.1850317234.1583719833-184...

      続きを読む
    • 2019/03/13Posted by ブクログ

      【No.87】「スポーツの価値は勝敗だけではないのですが、厳しい練習も一つの勝利で報われるものです。勝つ喜びを、一回でも多く東大のみんなに経験させてあげたい。それが、オファーを受けたときに真っ先に抱い...

      続きを読む
    • 2017/06/23Posted by ブクログ

      アマチュア野球の指導者としてとても勉強になった。
      練習は短時間で集中し、休養も重要。
      投手として伸びるためのの考え方など。
      ぜひ多くの指導者の方に読んでもらいたいと思う。

    開く

    セーフモード