【最新刊】働かないアリに意義がある

働かないアリに意義がある

著者:長谷川英祐

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    働き者として知られる働きアリだが、実はその7割はいつも休んでいて、1割は一生働かない! だがこの事実にこそ、組織存続への秘密が隠されているのだという。これを発見した生物学者が著した、新感覚の生物学。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/08
    連載誌/レーベル
    中経の文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2019/10/26Posted by ブクログ

      働きアリの8割は働いていない、という説や、働かないアリだけを集めるとそのうちの2割は働くようになる(逆に、働いているアリだけを集めるとその8割は働かなくなる)という説は聞いたことがありましたが、その理...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/11/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/12/21Posted by ブクログ

      「自分が頑張っているのに、あいつはサボっている。」

      という飲み屋で聞く愚痴から解放される一冊。全員が我武者羅に動き回る組織は持続しないことを、アリという集団から見出せる。

      上手く回り続ける組織のあ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード