【最新刊】犬死伝 赫ける、草莽の志士

犬死伝 赫ける、草莽の志士

小嵐九八郎

1,705円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「倒幕」と「年貢半減」を目指す小島四郎は、江戸で「青雲隊」を結成。後に京に上って、薩摩藩の西郷吉之助(のちの隆盛)と面会し、江戸の攪乱を頼まれる。四郎は江戸に戻り、相楽総三と名乗って江戸周辺で強盗・放火を繰り返す。とどめは庄内藩襲撃と江戸城放火。幕府側の反撃に遭い京へ落ち延びるが、東征隊の先鋒隊に任じられ「赤報隊」と命名する。だが東山道を進む途中、自隊が「偽官軍」と呼ばれているとの情報が……。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/01
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • ネタバレ
      2017/09/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    [{"item_id":"A001655274","price":"1705"}]

    セーフモード