AI時代の勝者と敗者 機械に奪われる仕事、生き残る仕事

著:トーマス・H・ダベンポート 著:ジュリア・カービー 訳:山田美明 監修・解説:石崎雅之

2,310円(税込)
1%獲得

23pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    教師、弁護士、会計士、医者、科学者、記者――。これまで人間にしかできないと思われていた知識労働者の仕事でも、もはや機械のほうが有能になっている。あなたの仕事は機械に置き換えられてしまうのか?そんなAI時代に、人間は、企業は、どう対応すべきか? アナリティクス界の第一人者が教えるスマートマシンの最前線、人間の強み、そして生き延びる道AI時代に生き残れる仕事はこれだ!ステップ・アップ――自動システムの上を行く仕事ステップ・アサイド――機械にできない仕事ステップ・イン――ビジネスと技術をつなぐ仕事ステップ・ナロウリー――自動化されない仕事ステップ・フォワード――新システムを生み出す仕事

    続きを読む

    レビュー

    4
    12
    5
    5
    4
    3
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/11Posted by ブクログ

      拡張という観点から、AIと労働の関係が論じられていた。

      機械によって人間の能力は拡張するし、人間によって機械の能力も拡張する。具体的事例を上げながら、そうなりつつあることやそうしていくべきと論じてた...

      続きを読む
    • 2018/12/08Posted by ブクログ

      専門知識を必要とする仕事がまるっと機会に置き換わるわけではない。
      ただし専門知識をもとに案を出すという最も価値のあった部分がAIに置き換わる。
      あとはそれを人に説明したり、関係者の調整を行うという極め...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/09/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード