ヴァムピール特別編 KING AND BARON+ 2巻

完結

樹なつみ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 330(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

本編では肉体を持たぬヴァムピール「男爵(バロン)」が、まだヒトの体に宿っていた頃の物語。時は19世紀末、栄華と退廃の都ロンドン。スコットランドヤード巡査部長マイアズ(キング)、「男爵(バロン)」、“真正の吸血鬼”アシュレイ卿――奇妙な縁で結ばれた“ヒト”と“人外”。彼らのゆく処、陰惨な猟奇殺人事件が待ち受ける!! 『赤マントの男』『伯爵夫人の粉』『青ひげ』、3つのエピソードを収録した第2弾!!

続きを読む
  • ヴァムピール特別編 KING AND BARON+ 全 2 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    ヴァムピール特別編 KING AND BARON+ 全 2 冊

    1,320円(税込)
    13pt獲得

レビュー

レビューコメント(3件)
  • 2014/06/17

    世界中には、いったいいくつ猟奇殺人があるのか…。
    今巻のお話も、実際の猟奇殺人事件がベースになってますな。

    男爵と""弟""の関係性がだんだん明らかになってきな。
    しかし、実際の""家族""だった頃...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2014/04/17
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2014/04/09

    表紙のアシュレイ卿は黒髪。「私に 死の許し は永遠に来ない」
    その兄エドワードは白髪。家名を重んじ、異常な執着心とも思えるアシュレイ卿に対する振る舞い。
    花咲ける青少年。そのままクインザの家系でつなが...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード