さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

永田カビ

907円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

「心を開くって、どうするんだっけ…」28歳、性的経験なし。生きづらい人生の転機。高校卒業から10年間、息苦しさを感じて生きてきた日々。そんな自分を解き放つために選んだ手段が、「レズビアン風俗」で抱きしめられることだった──自身を極限まで見つめ突破口を開いた、赤裸々すぎる実録マンガ。pixiv閲覧数480万超の話題作、全頁改稿・描き下ろしで書籍化。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
65
5
23
4
22
3
19
2
0
1
1
レビュー投稿
  • 2019/06/18Posted by ブクログ

    学生を脱出すると、肩書がない生活が待っていた。

    自分ではなく、周囲の、親の期待に応えようと
    頑張ってきた主人公。
    それはそれでいいと思いますが、それだけだった場合
    これほどまでに辛くなるのか、と。
    ...

    続きを読む
  • 2019/05/31Posted by ブクログ

    何やら扇情的なタイトルですけど、大事なのは「さびしすぎて」の方。
    自分について、自分と他(親ふくむ)との関わりについて、
    神経質になってしまう人の心理が赤裸々に語られていきます。
    僕自身はそこまで追い...

    続きを読む
  • 2019/04/29Posted by ブクログ

    タイトルがなかなか衝撃的なので、表紙を晒しながら人前で読むのは少し躊躇われる。
    しかし、内容は「レズ風俗行った!女の子エロ可愛かった!!」というような単純なルポルタージュではない。世の中で何かと生き難...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード