ひとさじのはちみつ 自然がくれた家庭医薬品の知恵

前田京子

1,120円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    はちみつを常備するのは、家にちょっとした薬局があるに等しい。軟膏と絆創膏、目薬、歯磨き、胃薬、風邪薬、手作りイオン水、非常食……。はちみつの新しい使い方を、その薬効とともに、楽しく具体的に紹介します。たとえば夏なら……。熱中症予防に「はちみつ水」紫外線のダメージを受けた肌をケア。ビタミン、ミネラルで夏バテ防止。食欲不振時のエネルギー補給に。ひとさじのはちみつの食べ方、選び方にも、実はいろいろコツがある!健康のために、1日にひとさじだけはちみつを摂ろうというのなら、はちみつと睡眠の細胞再生、修復作用の仕組みを生かすために、寝る前が一番いい。だが、それに加えてもうひとさじを「薬」のつもりで摂るのならやはり、朝起きて最初にひと口というのが、断然いいだろう(本書より)。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード