日本的ナルシシズムの罪(新潮新書)

堀有伸

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

個人より集団、論理より情緒、現実より想像――日本人には今も昔も固有のナルシシズムが息づいている。自分のことより他人の評価、集団との一体感こそが大切で、しばしばそれは法や論理を跳び越えてしまうのだ。うつ病の急増、ブラック企業や原発事故など、昨今の社会問題すべてに通底する、いわば民族的宿痾としての「日本的ナルシシズム」の構造を明らかにする。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード