明智小五郎事件簿12

江戸川 乱歩

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    差出人不明の脅迫状に悩まされていたH製糖株式会社取締役の川手庄太郎は、明智小五郎に比肩すると噂される法医学界の権威、宗像隆一郎博士に捜査を依頼した。内偵していた弟子が殺人の手掛かりを掴むも、死亡。川手の令嬢姉妹が次々と惨殺、当の川手も誘拐された。その全ての現場に三重渦状紋の指紋があった。解決したかに見えた事件はどんでん返しの様相に――。(「悪魔の紋章」)他一編収録。(解説 北村薫)

    続きを読む
    • 明智小五郎事件簿 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      明智小五郎事件簿 全 12 巻

      8,261円(税込)
      82pt獲得

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/04/25Posted by ブクログ

      江戸川乱歩『明智小五郎事件簿 12「悪魔の紋章」「地獄の道化師」』集英社文庫。

      戦前の名探偵・明智小五郎の活躍を事件発生順に並べた興味深いコレクションの最終巻。

      『悪魔の紋章』『地獄の道化師』共...

      続きを読む
    • 2017/05/01Posted by ブクログ

      シリーズ最終巻。大正から昭和初期の時代背景、雰囲気や当時のエンターテイメントも含めて、十分に楽しめた。

      「悪魔の紋章」「地獄の道化師」どちらもどこかで読んだような展開だったが、子供向けの説明過多なナ...

      続きを読む
    • 2017/05/04Posted by ブクログ

      明智小五郎事件簿、全12巻は本書で完結。
      『悪魔の紋章』も『地獄の道化師』も好きだった。本書収録作はどちらも『江戸川乱歩』という作家の特徴を余すところなく伝えていると思う。

    [{"item_id":"A001747584","price":"836"}]

    セーフモード