【最新刊】ひとはなぜ戦争をするのか

ひとはなぜ戦争をするのか

アルバート・アインシュタイン ジグムント・フロイト 訳:浅見昇吾 解説:養老孟司 解説:斎藤環

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1932年、国際連盟がアインシュタインに依頼した。「今の文明においてもっとも大事だと思われる事柄を、いちばん意見を交換したい相手と書簡を交わしてください。」選んだ相手はフロイト、テーマは「戦争」だった――。宇宙と心、二つの闇に理を見出した二人が、戦争と平和、そして人間の本性について真摯に語り合う。養老孟司氏・斎藤環氏による書きおろし解説も収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/06/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      【概略】
       国際連盟が1932年にアインシュタインに依頼したのは「今の文明においてもっとも大事だと思われる事柄を、最も意見交換したい相手と書簡を交わしてください」というものだった。アインシュタインが選...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      戦争を防ぐためのフロイトの持論をまとめると「強大な中央集権的な権力のもとで、人と人の間の感情と心の絆を作り上げる」。中露は前者はあるが後者はない。日米は後者はあるが前者がない。これではいつ戦争が起きて...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      物凄く面白かった。こんな本があったなんて。
      国連がアインシュタインに今意見交換したい人と書簡を交わしてくれるよう依頼し、アインシュタインが選んだのはフロイトだった。
      2人はタイトルのテーマについて一度...

      続きを読む
    開く

    セーフモード