メディアの怪人 徳間康快

佐高信

792円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    山口組・田岡組長を陰で支え、天才・宮崎駿を育て上げた夢の大プロデューサー、徳間康快。徳間書店を興し、『アサヒ芸能』編集長として部下を育て、難破船の『東京タイムズ』社長に就任、倒産寸前の『大映』の再建を請け負い、ダイアナ妃に出演交渉する。黒幕か? フィクサーか? それともメディアの怪人か? “濁々”併せ呑んだ傑物の見果てぬ夢を見よ!

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/16Posted by ブクログ

      徳間書店の徳間さんの自叙伝的一冊。

      なんだけど、本人と言うよりはその周りの人の話であんまりおもしろくなかった。。。

    • 2017/08/24Posted by ブクログ

      潜入ルポルタージュの名著だと思っている鎌田慧『自動車絶望
      工場』。私は講談社文庫版しか知らなかったのだが、初版は徳間
      康快が経営していた出版社(徳間書店ではない)から出ていたんだ。

      しかも当初...

      続きを読む
    • 2016/06/29Posted by ブクログ

      昔っから徳間書店という出版社が放つ、なにか猥雑なパワーに不思議な気持ちを抱いていました。「黄金の犬」みたいなベストセラーもマッチョだし、「敦煌」みたいな映画も異常にダイナミックだし、「アニメージュ」み...

      続きを読む

    セーフモード