「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す

野崎大輔

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」「マタハラ」「オワハラ」……。どんどん増えていくハラスメント。なんでもかんでも「ハラスメントだ!」と騒ぐ社員、それを恐れて部下を叱れない上司、そしてコンプライアンスの名の下に、過剰反応する人事部。これ以上、会社を窮屈にするのはやめにしないか? 経験豊富な社労士が、病める会社を救うため、本音で警告する。

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/05Posted by ブクログ


      本の構成として、後半には出版当時でも問題とされた内容が解説付きで出てきます。この本は無自覚にハラスメントをしている側に溜飲を下げようと手に持ってもらった上で、何が問題となるか教えている本なのかもしれ...

      続きを読む
    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      なんでも〇〇ハラスメントと騒ぎ立てて管理職や企業を追い込むハラスメント・ハラスメント=ハラ・ハラ。社労士である著者が生々しい実例と共に現代の風潮を整理。起きてしまえば法律を熟知して毅然と且つ被害を最小...

      続きを読む
    • 2017/01/19Posted by ブクログ

      思った以上に面白かったな。
      実際、ハラスメントをする奴らが会社を潰すんだという内容かと軽く思っていたら逆で、なんでもハラスメントだとほざく奴らが会社を潰すって内容。
      おっしゃる通り。
      ハラスメントとい...

      続きを読む

    セーフモード