アクセル・ワールド1 ―黒雪姫の帰還―

著者:川原礫 イラスト:HIMA

615円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    どんなに時代が進んでも、この世から「いじめられっ子」は無くならない。デブな中学生・ハルユキもその一人だった。 彼が唯一心を安らげる時間は、学内ローカルネットに設置されたスカッシュゲームをプレイしているときだけ。仮想の自分(アバター)を使って≪速さ≫を競うその地味なゲームが、ハルユキは好きだった。 季節は秋。相変わらずの日常を過ごしていたハルユキだが、校内一の美貌と気品を持つ少女≪黒雪姫≫との出会いによって、彼の人生は一変する。 少女が転送してきた謎のソフトウェアを介し、ハルユキは≪加速世界≫の存在を知る。それは、中学内格差(スクールカースト)の最底辺である彼が、姫を護る騎士≪バーストリンカー≫となった瞬間だった――。 ウェブ上でカリスマ的人気を誇る作家の、第15回電撃大賞<大賞>受賞作!実力派が描く未来系青春エンタテイメント! 巻末には、気鋭の作家・川上稔による超豪華な短編小説 & ビジュアル解説企画付き!!

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    74
    5
    19
    4
    32
    3
    18
    2
    3
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/07/09Posted by ブクログ

      なんとなく読んでみたら予想より面白かった。

      『ソードアート・オンライン』はアニメの方は見てて、それと比べると印象が違う。設定的には『ソードアート・オンライン』よりも未来の話の筈だけど、本作の方が現実...

      続きを読む
    • 2019/01/12Posted by ブクログ

      週刊少年ジャンプに連載されてアニメ化されるよう
      読者に受け入れられるため作られたような作品としてかなりこなれた出来
      非凡な手腕がこれを書きたいのだとしたら勿体なくはある

    • 2019/01/01Posted by ブクログ

      加速世界だけあってとてもスピード感のあるストーリー展開。なのでこれはアニメの方が世界観がより面白そうだ。

    開く

    セーフモード