【最新刊】アクセル・ワールド24 ―青華の剣仙―

アクセル・ワールド

24冊

著者:川原礫 イラスト:HIMA

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    物理攻撃無効。属性攻撃無効。接近不可能な超難敵《太陽神インティ》を討つべく、六大レギオンの総力が結集する。 打倒インティ、そして黒雪姫解放の鍵――。それは、インティが放つ《炎熱ダメージ》無効の強化を施された《ルシード・ブレード》、そしてその所有者たるシルバー・クロウだった。この無謀極まる作戦成功のために、ハルユキは謎多き《オメガ流合切剣》の習得を決意する。「今後は儂を《師範》と呼べ」 だがオメガ流の使い手セントレア・セントリーの正体は、三代目クロム・ディザスター。かつて青の王に討たれ、加速世界から永久退場したはずの存在で!?

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/10
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.8
    431
    5
    104
    4
    170
    3
    141
    2
    14
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/10/22Posted by ブクログ

      文化祭のハーレム展開から、終盤、次の展開への怒涛のクリフハンガー。
      いやいや、こんなの次、すぐ読むしかないやん。

      アクア・カレントが本格的に登場。
      ウルフラム・サーベラスとの対決はまだ続く。

      これ...

      続きを読む
    • 2019/10/21Posted by ブクログ

      読み進めていくたびに、いろいろな伏線が回収されていくわけだけど、とうとう物語の発端にもなる事件の真相と、ラスボス的な存在?が明らかになる。

      で、本当に劇的な場面で、あのキャラが満を持しての登場!とい...

      続きを読む
    • 2019/10/14Posted by ブクログ

      バトル物の王道展開。
      強敵を倒すと、次の強敵が出現。ちゃんとセオリーを守ってる。

      で、それでまでの伏線をメチャメチャ拾ってる。
      ホントにちょっとしたことが伏線になってたりするので、油断ならない。

      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード