公務員教師にダメ出しを!

戸田忠雄

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    学校をより良くするためには、まず何よりも教師を変えなければいけない。馴れ合いの教育現場のなかには、ダメな教師や困った校長がまだまだ存在する。同時に、能力が高い教師は正しく評価されてはいない。それは、教育というサービスを受ける児童生徒と保護者をないがしろにしてきたからだ。今必要なのは学習者による評価制度だ。評価制度の具体例を提示しながら、その可能性に迫っていく。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/04/29Posted by ブクログ

      筆者の公務員教師に対する見方は概ね正しい。ただ、筆者は教員であったらしいのだが、教師としての技量はここで述べられているダメ教師とそんなに変わらないかなという印象。例えば、筆者は学校教育における科学的思...

      続きを読む
    • 2012/07/08Posted by ブクログ

      図書館で借りた。

      斜め読み。
      ダメな教師・校長の類型とダメな状況を防ぐための評価制度への提言で構成されている。

      子どもを人質に取られているから、親から教師へ直接意見を言われることがない。だから公務...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/11/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001652602","price":"715"}]

    セーフモード