日本で老いて死ぬということ 2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか

朝日新聞迫る2025ショック取材班

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    団塊の世代が75歳になる2025年、家でも病院でも死ねなくなる!? 「多死社会」を迎えて病院がパンク、政府は在宅の看取りを推奨するが、訪問医師、訪問看護師、介護福祉士の数が足りない。今、何をすべきか? 豊富な現場取材をもとに考察する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/10/26Posted by ブクログ

      日本の医療・介護の今が丁寧な取材で、どちら側に立つことなくリアルに描かれています。
      まさに「日本で老いて死ぬ」とはどういうことか、いずれ我が身にも起こることを深く考えさせられる一冊です。

    • 2016/07/24Posted by ブクログ

      ★2016年7月24日読了『日本で老いて死ぬということ』朝日新聞迫る2025ショック取材班 評価B+
      今年1月の義父の94歳大往生以来、ずっと考えていた答えを求めて読んでみた。

       私が不勉強なため、...

      続きを読む
    • 2017/08/19Posted by ブクログ

      気になったところを抜粋。
      ◆難しい「平穏な在宅死」
      * 「全力を尽くして治療をするという選択肢」を改めて、救急医から提示される。しかも、それを極めて短時間で返答しなければいけない。以上の2条件...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001651971","price":"1210"}]

    セーフモード