【最新刊】勇者に期待した僕がバカでした3

勇者に期待した僕がバカでした

ハマカズシ(著)/Ixy(イラスト)

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    モンスターたちの生きる意味。それは――。新たな勇者戦がはじまっていた。再び担当魔王軍となったゴルディアス軍は、エルブランコを責任者として任命し、事にあたっていた。しかし、そこでエルブランコはとんでもないスキャンダルに巻き込まれる。ホテルの前で週刊誌に撮られた勇者との密会写真。それを発端に勇者戦は打ち切り。ゴルディアス軍は解散にまで追い込まれることになった。悲嘆に暮れるエルブランコ。スラムに消えるエルブランコ。自分を捨てて、第2の人生を歩み始めたエルブランコ。そんな彼の元に、かつての部下・ウニベルがやってくる。スキャンダルの本当の意味。勇者協会と人間という闇が孕んだ、汚い手段。エルブランコは矮小な自分を見つめ直し、再び立ち上がる。それでゴルディアス軍が元に戻るわけでは無いことを知りながら……。働くなんて辛いこと。それでも、過ごした時間は確かに自分が歩いた道。だから、それが失敗だったとしても、やってきたことを否定なんてしなくていいじゃないか。自分が自分を認めなくて、誰が認めてくれるんだ。あらゆる理不尽をはねのけろ! ファンタジー社畜コメディ完結編。――社蓄はついに、答えを見つける。※「ガ報」付き!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/31
    連載誌/レーベル
    ガガガ文庫
    出版社
    小学館
    ジャンル
    ライトノベル
    • 勇者に期待した僕がバカでした 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      勇者に期待した僕がバカでした 全 3 巻

      1,947円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    レビューコメント
    • 3巻

      センテンススプリングによる砲撃がゴルディアス魔王軍に直撃。エルブランコのゲス不倫発覚から謝罪会見まで、えらくタイムリーな話題で攻めてきてこれまでと違うアングルからの物語の切り口。そこから先の魔王軍解散...

      続きを読む
    • 3巻
      ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 3巻

      ★★★☆☆

    セーフモード