真紅の人 新説・真田戦記

30%OFF

著者:蒲原二郎

1,056円739円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1614年、大坂の陣。真田信繁の傍らに、真紅の鎧を纏う若武者の姿があった。彼の名は佐助。摂津国の鳶田の集落から大坂の地へやってきた彼には、倒さなければならない仇敵がいた──かつて母親と一族を徳川に惨殺された佐助は、ただひとり生き延び、貧しい集落に流れ着いたのだ。「真田丸」での鍛錬で、強さを身につけた佐助は、信繁とともに徳川との決戦に挑むが……。史実を丹念に紡いだ、新たなる真田戦記。※本書は、二〇一五年二月に小社より単行本として刊行された作品を加筆修正し、副題を加えて文庫化したものが底本です。

    続きを読む

    レビュー

    5
    2
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/20Posted by ブクログ

      なかなか分厚い。けど、一気読み!
      登場人物が魅力的。佐助はもちろんのこと、隆海も久蔵も大助も、おっさん信繁もw泣き所も、多い。
      ラストがまた、良い。

    • 2017/01/09Posted by ブクログ

      ■読みたい理由2017/01/09
      真田丸で、今まで興味のなかった戦国時代に興味を持つようになった。いや、正確には真田幸村に対してといった方が正解。なので、違う角度から見ることができる真田本に興味があ...

      続きを読む
    • 2016/08/04Posted by ブクログ

      表紙の画で判るように時代モノの小説だ。「大坂冬の陣」、「大坂夏の陣」を背景とした物語である。
      夢中で読了し、読了後も頭の中が作中世界を彷徨っているかのような感に…とにかく面白かった!!
      結局、本作は佐...

      続きを読む

    セーフモード