釈迢空全歌集

著者:折口信夫 編者:岡野弘彦

1,443円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 943(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

折口信夫(釈迢空)は近代日本にまるで奇蹟のように、古代の心、古代の詩歌のひびきを、鮮烈に蘇らせた歌人であった――。短歌滅亡論を唱えるも、その真意は再生への願いであり、日本語の多彩な表記を駆使しながらつねに短歌の未来と格闘し続けた。折口が残した6冊の歌集に私家版・自筆選集、短歌拾遺、さらに関東大震災に直面し、短歌形式に収めることのできない苛烈な体験を詠んだ詩作品含めた、初の文庫全歌集。「葛の花 踏みしだかれて、色あたらし。この山道を行きし人あり」生涯「旅びと」であった折口の姿が立ち現れてくる。(目次)海やまのあひだ春のことぶれ水の上遠やまひこ天地に宣る倭をぐな私家版・自筆選集短歌拾遺詩拾遺解題解説 岡野弘彦略年譜作品初句索引

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(1件)
  • 2019/08/18

    いまははた 老いかゞまりて、誰よりもかれよりも 低き しはぶきをする
    釈 迢空

     1953年8月、折口信夫(釈迢空)は、箱根山荘で掲出歌などを作っていた。衰弱が激しく、幻視も起こったため、下山。だが...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード