【最新刊】ヒコベエ(新潮文庫)

ヒコベエ(新潮文庫)

藤原正彦

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    満州で戦禍に巻きこまれ、命からがら日本へ引き揚げてきたヒコベエ一家は、信州諏訪に身を寄せる。なだらかな稜線を描く山や緑深い自然に囲まれ、ヒコベエは腕白坊主に成長する。やがて一家に訪れた転機。母の小説がベストセラーになり、父も作家の道を歩み始め……。貧しくとも家族は支え合い励まし合って暮していた。日本そして日本人が懸命に生きた昭和20年代を描く自伝的長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/06/24
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/07/08Posted by ブクログ

      『国家の品格』で有名な数学者、藤原正彦の自伝的小説『ヒコベエ』
      藤原正彦さんらしく随所に自虐的な笑いをちりばめ、時に国家観や歴史を語る。
      少年時代の甘酸っぱい恋の話なんてのもあって、、少し意外(笑)
      ...

      続きを読む
    • 2014/05/19Posted by ブクログ

      自伝ではあるが,幼少期より自己を客観的に冷徹にメタ認知する姿勢は研究者だな,と感じる.如何に,現在の人間性が形成されていくか,幼少期の家庭教育が手に取るように判る.“流れる星は生きている”をはじめ,御...

      続きを読む

    セーフモード