【最新刊】古風堂々数学者(新潮文庫)

古風堂々数学者(新潮文庫)

藤原正彦

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    (1)武士道精神を愛して卑怯を憎み、(2)他人の向上に熱心な性向をもち、(3)論理的、合理的でないものを尊ぶ情緒の国に生まれたことを誇りとする、情に棹さしてばかりの数学者は、いかにして誕生したか。独特の〈教育論〉〈文化論〉、十八番の〈家族もの〉、皆が貧しかった時代の少年期に(1)~(3)を血肉にしていく経緯を活写した中編等、論理の美しさとユーモアが見事に和した、48編の傑作エッセイ。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/06/24
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/06/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      外国に留学経験のある筆者が見た、日本文化と欧米文化の違い、そこから来る日本という国への愛情であるとか現代の教育や文化に対する考え方、提案など、盛り沢山な内容。
      小学校時代は「読み書き計算」を軸に教育を...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      祖国とは国語の次に読んだ藤原氏の作品。平成の大不況時にこんな本が書かれていて、当時のことをほとんど覚えていない自分にとって状況を理解し、それを批判的展望した一意見が非常に勉強になった。ぜひまたよみなお...

      続きを読む
    開く

    セーフモード