鬼滅の刃 6巻

吾峠呼世晴

418円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 209(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

蜘蛛の鬼に辛勝した炭治郎…。だが同胞の胡蝶しのぶに禰豆子を狙われ、禰豆子と炭治郎は捕われの身に。次に目覚めた場所は鬼殺隊の本部で、最高位の剣士“柱”に囲まれていた。鬼である禰豆子を伴っていた炭治郎に対し、一方的に裁判を行う“柱”たち。だがそこに現れたのは!!

続きを読む
  • 鬼滅の刃 全 23 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    鬼滅の刃 全 23 冊

    10,127円(税込)
    101pt獲得

レビュー

レビューコメント(62件)
  • 2021/02/14

     『鬼滅の刃』6巻から11巻までの感想です。

     1巻から5巻までの感想を書いたのは、昨年(2020年)11月。3ヶ月も経ってしまいましたが、まだそんなもんか、と感じている自分もいます。もっと早くに読...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2020/09/15

    大正ファンタジー活劇冒険譚!
    得られるものがあるのは、戦闘だけではではない。
    組織としての鬼殺隊。その上位にいるお館様と柱たち。
    蝶屋敷での休息と治療、機能回復訓練。
    炭治郎の、多くの人との出会いは心...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2020/08/25

     鬼にされてしまった妹を人間に戻すため鬼と戦う主人公という設定を聞いて頭に思い浮かんだのは、『犬夜叉』の珊瑚と琥珀のように敵味方に分かれて殺し合う兄弟の切ないお話であったが、そういうのじゃなかった。鬼...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る