さようなら窓

東直子

565円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

「眠れるまで、またなにか話をしてあげようか」。家族と離れ、恋人のゆうちゃんと暮らしはじめたきいちゃん。いつからか、うまく眠れなくなったきいちゃんに、ゆうちゃんはいつも、少し不思議で胸がぎゅっとなる「おはなし」をしてくれた。寝る前に一篇ずつ味わいたい、12の連作短編集。

続きを読む

レビュー

3.8
29
5
9
4
11
3
6
2
3
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2018/06/13Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/12/14Posted by ブクログ

    p46「のうみつなぶどうの甘い香りが部屋中に充満していた。」
    「ゆうちゃんのそういうお気楽なところが、好きで、そしていぶかしい。」

    恋人のゆうちゃんのおうちでの居候ぐらし。不安で何もできず眠れないと...

    続きを読む
  • 2017/10/30Posted by ブクログ

    不安定な主人公をやさしく見守る彼。でも、変わるのって自分でどうにかするしかない。変わるのも振り回すのも、すべて自分軸の主人公。数年前の自分を見ている気がして、かすかな苛立ちをずっと持ちながらよみました...

    続きを読む
開く

セーフモード