帝都衛星軌道

島田荘司

796円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一人息子が誘拐された。身代金の額はわずか15万円。受け渡しの場所として山手線を指定され、警察側は完璧な包囲網を敷くが……。前後編の間に、都会の闇で蠢(うごめ)く人びとを活写した「ジャングルの虫たち」を挟む異色の犯罪小説(クライム・ノベル)。大胆なトリック、息をつかせぬ展開、繊細な人間描写が織りなす魅力に満ちた傑作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 2011/11/16
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2009/08/28

      うー・・ん・・?

      前編、違う話、後編、っていうなかなか斬新な試み
      なのですが後編気になりすぎて間の話(ジャングルの虫たち)飛ばして読みました

      帝都衛星軌道の話は後ろのあらすじを読んだだけでビリビリ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2009/08/22

      単行本刊行当時から気になっていた一冊。ノベルズ化されたのに手が出せず、文庫化を機に読んでみました。参考文献に挙がっている秋庭氏の本は読んだことがあるので、「その点」については意外性は感じませんでした。...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード