三国演義 第四巻

安能務

733円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦乱のなか、関羽は呉軍に捕らえられ、斬首される。悲しみもつかの間、曹操が病床に伏し、66歳の生涯を閉じる。英雄相次ぎ死す。さらに曹操の後を継いだ曹丕(そうひ)が、なんと帝位を簒奪(さんだつ)したとの報せも入る。すぐに劉備は漢の皇帝に即位、天下統一に向けて、次なる一手に計を巡らす。本当の面白さが味わえる「三国志」。

    続きを読む
    • 三国演義 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      三国演義 全 6 巻

      4,398円(税込)
      43pt獲得

    レビュー

    • 2008/11/29Posted by ブクログ

      自分にとって初めての三国志本。

      普通の三国志演義とはやや違うとこもあるが、そこがこの作品の独自のテンポ感を生みだしている。


      特に前半の曹操の覇権の拡大の過程は読んでいて、わくわくさせられる。劉備...

      続きを読む
    • 2006/11/05Posted by ブクログ

      中国の書籍を多数、翻訳されている安能先生が書き下ろした読み応えたっぷりの三国演義。いつも呵々大笑している曹操、孫策対太史慈の長ぁい一騎打ち、長坂あたりから一気呵成に盛り上がる劉備陣営、姜維の返し弓…等...

      続きを読む
    • 2005/08/06Posted by ブクログ

      文章の端々に飛び出す一言が限りなく素敵。三国志ファン必携の書。劉備をバッタと言い切る漢ぶりに惚れる私は曹操ファン。

    開く
    [{"item_id":"A001649685","price":"733"}]

    セーフモード