【最新刊】生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害

生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害

1冊

岡田尊司

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「恥をかくのが怖くてチャレンジできない」「人に嫌われてると思い込む」これらは回避性パーソナリティー障害の特徴である。自尊心が傷つくことへの強烈な不安・心配ゆえに「何もできない人」が、能動的な日々を過ごすためのヒントとは。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/06/13

    レビュー

    4
    16
    5
    5
    4
    7
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/30Posted by ブクログ

      面倒くさがりの私が読むべき本!?
      本を読み出すと何もしたくなくなる…メシタキ、ソウジ、ネバナラヌコト…。

      回避性…初めて聞いた言葉だった。素人にはちょっとこんがらがるところもあるが、最後の方は具体例...

      続きを読む
    • 2019/06/28Posted by ブクログ

      “回避” に心当たりがあるので興味が湧いて読んでみた。

      8章構成で、前半が、回避性とは何か、どういう遺伝的・環境的影響下で生じやすいのかなどが統計データや精神科医としての経験などから述べられている。...

      続きを読む
    • 2019/04/22Posted by ブクログ

      自分もよく、生きるのが面倒くさいと思ってしまうことがある。
      でも、面倒くさいことをしないと感じられない楽しみとか面白さがある。

      親の関わり方が大きな影響を与えていることはわかるけど、なんか悪者にしす...

      続きを読む
    開く

    セーフモード