ぼくが発達障害だからできたこと

市川拓司

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    何をやってもうまくいかなかったぼくが、なぜ世界でベストセラーになるような小説を書けたのか? 自らの傾いた個性を「障害」と認めたことで、すべてを前向きにとらえられた! 優し過ぎて、この社会と関わることに疲れてしまった貴方へ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/11/03Posted by ブクログ

      ■AD(アスペルガー障害)の最も基本的な症状はいわゆる「自閉」であり次のうち少なくとも二つにより示される。最も基本的な僧正である「対人的相互作用の質的障害」は知的障害を合併する自閉症とは異なり別しにく...

      続きを読む
    • 2017/04/02Posted by ブクログ

      市川さんの「偏り」っぷりは半端ではないですが、語り口に悲壮感はなく、むしろちょっと誇らしげ? あくまで客観的、ユーモラスな調子なので読んでいて清々しい。共感覚やトランス体質のエピソードは、そんな世界...

      続きを読む
    • 2016/10/02Posted by ブクログ

      多様性こそ大事。当たり前のことだと理屈では分かっていても、えてして忘れてしまいがちな事実。
      本書の中で、筆者特有の語り口で何度も綴られます。

      自分や取り巻くものたちを考えるとき、何故?と否定的な感情...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001649674","price":"660"}]

    セーフモード