いい子に育てると犯罪者になります(新潮新書)

岡本茂樹

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    意外なことに、刑務所への出入りを繰り返す累犯受刑者には「いい子」だった者が多い。自分の感情を素直に出さず、幼少期から無理を重ね、親の期待する役割を演じることに耐えられなくなった時、積もり積もった否定的感情が「犯罪」という形で爆発するのだ。健全な子育ては、「いい子」を強いるのではなく「ありのままの姿」を認めることから始まる──。矯正教育の知見で「子育ての常識」をひっくり返す。

    続きを読む

    レビュー

    4
    18
    5
    7
    4
    4
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/23Posted by ブクログ

      【要約】
      自分は幸せな家庭で育ったと思っていても、実際は親の価値観に合わせて「ありのままの自分」を抑圧して生きている可能性がある。
      例えば「絶対に他人に迷惑をかけてはならない」という価値観を親から強烈...

      続きを読む
    • 2018/12/18Posted by ブクログ

      筆者は刑務所施設での更生支援に携わっており、内容では殺人を実際に犯した者との対話や生い立ちなどが書かれてある。
      日本の刑務所や少年院の実態について、愕然としたしメディアもほとんどまったくその内容につい...

      続きを読む
    • 2017/07/05Posted by ブクログ

      生育環境が悪の心を増大させてしまう。厳しすぎる躾は反動を産む。甘やかしではなく十分に甘えさせ、子供の気持ちを尊重して、親の都合を振りかざして抑圧させず、本心が発露しやすい家庭環境にしてやることが親の務...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001649053","price":"836"}]

    セーフモード