【最新刊】赤ちゃんと脳科学

赤ちゃんと脳科学

小西行郎

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    極端な育児観をもつ親が増えている。赤ちゃんが集中しているからと1日7時間もテレビを見せる、手当たりしだいに育児教室に通わせる、赤ちゃんが思いどおりにならないからと自信喪失する。これらの行き過ぎた現象の背景には、20世紀的な右肩上がりの成長、発達観があるのではないか。「子どもの成功」にこだわりすぎることで、子どもからの自然な成長のメッセージを無視しているのではないか。本書では、脳科学、発達行動学を専門とする小児科医が、親を駆りたてる早期教育、臨界期等の“科学的根拠”をもう一度科学的に検証しなおすことで、「普通の育児」こそが今まさに重要であると説く。新しい「赤ちゃん学」の誕生である。【目次】序章 悩める母親の育児事情/第1章 誤解を生んだ「科学的根拠」/第2章 胎児の能力の不思議/第3章 生後二ヶ月革命/第4章 神経ダーウィニズムと子育て/第5章 テレビと育児/第6章 育児の目的と目標/第7章 子どもの発達を幅広く「見る」/あとがき/参考文献・引用出典

    続きを読む
    提供開始日
    2016/06/17
    連載誌/レーベル
    集英社新書

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      科学的な見解で赤ちゃんの脳の発達と子育てについてわかりやすく書かれています。
      他にも子育て本を読んだけど、一貫してるのは、子供の発達過程を理解して、親が子供の成長を楽しむ。逆に、発達過程を知らないと、...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      新生児育児中の私を救ってくれた一冊!!
      「抱っこし通しでも読める」と主人が買ってきてくれました。

      マニュアル的な育児本の知識しかなかったその頃の私にとって、
      目からうろこのことばかり。
      「脳...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      興味を持ったら何でもとことん調べてしまう癖で本書を手に。まさに我が子は「生後二ヶ月革命」の真っ最中とのことで、どおりで毎日の成長が面白すぎるわけか。
      読書MEMO
      ■子育ての誤解
      ・誤解や勘違いを埋め...

      続きを読む
    開く

    セーフモード