愛してるの代わりに

芹沢美月

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

27歳の雛子は恋愛経験ゼロだが、異性から告白されても断ってばかりいた。理由は、幼馴染の慎吾のことが忘れられないから。2人は家族のように育ったが、中学生のときに慎吾が芸能界入りし、離れて暮らすようになった。今でも慎吾から連絡をくれたり、帰省時には会ったりもするものの、国民的人気俳優となった彼は手の届かない存在。叶うはずのない恋をあきらめるため、雛子は最後に気持ちを伝えようと決心するが…。「ずっとこうしたかった」――思い出の場所で、慎吾から抱きしめられて…?

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード