【最新刊】黒曜に導かれて愛を見つけた男の話

アヴァロニスシリーズ

3冊

六青みつみ/カゼキショウ

916円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    聖なる竜蛇神に見出されし神子が王を選定する国・アヴァロニス王国。そんなアヴァロニスの次代王候補の一人・レンドルフは、王位に執着がなく、盲目的な神信仰に対しても懐疑的だった。レンドルフはある日、選ばれし神子・春夏と、それに巻き込まれ一緒に異世界から召喚されてしまったという少年・秋人と出会う。しかも秋人は、この世界では『災厄の導き手』と呼ばれ忌み嫌われる黒髪黒瞳の持ち主。誰もが秋人を嫌悪し殺そうとする中で、レンドルフは神への疑念から、なんとか秋人を助けたいと思っていた。秋人を匿うことになったレンドルフだったが、共に過ごすうち、その健気さやひたむきさに次第に心惹かれていき……? 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

    続きを読む

    本作品は、BL、TL、グラビア写真集などが含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    提供開始日
    2018/04/10
    連載誌/レーベル
    リンクスロマンス

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/01/12匿名
      色々わかって良かった

      是非『黒曜の災厄は愛を導く』を先にお読み下さい。二人の少年が異世界に召喚されるお話しですが、『黒曜…』ではアキ視点でしたので謎だった色々な事が、ハルカ視点で明らかにされます。ハルカの能天気キャラもハル...

      続きを読む

    セーフモード