吾輩は漱石である

井上ひさし

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

明治43年8月24日水曜日。漱石44歳、修善寺の大患の大吐血。意識の闇のなかで育英館開化中学の職員室が現われ、あの三四郎が活躍し、マドンナがほほえむ。劇作の魔術師が描く笑いと思索、そして透明感いっぱいの夏目漱石。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード