【最新刊】笑顔がはじけるスパーク運動療育~発達障害の子の脳をきたえる~

笑顔がはじけるスパーク運動療育~発達障害の子の脳をきたえる~
1冊

清水貴子(著)/ジョン・J・レイティ(監)/ナムーラミチヨ(イラスト)

1,306円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

脳が活性化する運動療育、日本家庭に初上陸。◆「スパーク運動療育」とは?→特性をもつ子の「脳の発達」「新しい脳神経をつなぐこと」を目的とした運動療育。◎子どもの興味を生かしながら子どもの意思で楽しくからだを動かし遊ぶという療育で、すでに発達障害の見られる何百人もの子ども達の改善効果が報告されています。◎ハーバード大学レイティ博士監修のもと、清水貴子氏が具体化・開発をし、日本に通所支援事業としてスタートさせています。これを家庭でもできるように、と初めて書籍化したのが本書です。◆改善例さまざま。どの子も3か月で変わる。↓◎小6男児/入学して分かった対人感覚が個性的で友達の輪に入れない状況。発達精神科通院の後、紹介され、この運動療育を4年生から開始。初日から瞳が輝き笑顔に!最近はクラスの子と行動出来るようになった。◎小5女児/1年も経たずに表情が改善。人の気持ちを考えられない子だったのに笑顔が増え「ありがとう」が言えるように。学校も楽しく友達もできた。◎小2男児/苦手な運動はしない、自己主張の強い子だった。スパーク運動療育1回目で、一段ずつ足を揃えてしか降りられなかったのに早くも駅の階段を普通に降りられるように!自己肯定感が高まり挑戦できるように成長。【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。この作品は2色刷りです。

続きを読む
ページ数
124ページ
提供開始日
2016/06/03
連載誌/レーベル
小学館eBooks

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード