壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害

著:山田規畝子

1,155円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高次脳機能障害は外見からはわかりづらく、理解されにくい障害である。本書は、高次脳機能障害を負った医師が自らの障害を見つめ生活していくなかで、障害があっても前向きに生きていけること、そして介護・リハビリ等の支援に何が必要なのかを書き記したものである。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/10/26Posted by ブクログ

      数度の脳出血で高次脳機能障害となった方の著書です。

      見た目には普通に社会生活を送っているように見えても、半身の感覚が失われることがあったり、遠近感がつかめなかったり、直前の記憶がなくなったりしてしま...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001645161","price":"1155"}]

    セーフモード