【最新刊】現代思想の遭難者たち

現代思想の遭難者たち

いしいひさいち

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    シリーズ『現代思想の冒険者たち』(全31巻)の月報に連載された好評4コマに、大幅に増補して刊行、ベストセラーとなった傑作が、ついに文庫化。マルクス、ニーチェから、フーコー、デリダ、エーコ、ハンナ・アレントまで、34人の思想家を笑い飛ばす! 思想のエッセンスを直観的に汲み取り、笑いに変えてしまう「いしいワールド」のエネルギーに、哲学者たちも毀誉褒貶。これは現代思想の「脱構築」か?哲学に対する冒涜か?※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む
    ページ数
    257ページ
    提供開始日
    2016/05/27
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 現代思想の遭難者たち2016/11/09Posted by ブクログ

      今まで読んだ講談社学術文庫の中で一番おもしろかった。いしいひさいちのコスパ高い笑いはほんとにものの味方の勉強になる。

    • 現代思想の遭難者たち2016/08/21Posted by ブクログ

      本書は、2002年に単行本(2006年に増補版)で刊行されたもの(既に絶版)の文庫版であるが、初出は1996~1999年に『現代思想の冒険者たち』全31巻の月報への連載。
      書店で見て、コンセプトのあま...

      続きを読む
    • 現代思想の遭難者たち2017/01/28Posted by ブクログ

      20170113読了。教養フェアで平置きされており興味がひかれ購入。昔単行本を図書館で借りて読んだような気がする。「反証可能性」のポパーが登場するのが意外に感じられたが、科学哲学だから意外でないのか、...

      続きを読む

    セーフモード