不食という生き方

著:秋山佳胤

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    食べないほうが、病気にならない食べないほうが、心も体も元気になる8年間、不食を実践する弁護士による、こだわらない、悩まない、争わないための人生のヒントもくじ第1章 食べなくてもいい食べる量を減らすと頭がさえる/不食と断食は違う ほか第2章 否定しなくてもいい悩みは「他人ごと」という姿勢で聞く/我慢はエゴ、わがままはエコ ほか第3章 争わなくてもいい訴訟相手に「ありがとう」を送る/コンプレックスは抱きしめればいい ほか第4章 悩まなくてもいいうつは深刻な病気ではない/時間は思い出の良し悪しも変える ほか第5章 こだわらなくてもいいギャンブルは思う存分すればいい/家族には、思うほど深いつながりはない ほか

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    7
    5
    0
    4
    2
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/11Posted by ブクログ

      ゼロか百かという極端な思考の割には、中途半端な生き方をしている自分なので、ゼロの意見を読んでみました。

      最初に思ったのは、図書館で借りたから良いけれど、この内容の薄さで税別1100円とは、高すぎる本...

      続きを読む
    • 2019/01/24Posted by ブクログ

      スピリチュアル・自己啓発要素が強めだったのが予想外。だが不食という著者の実践が本当であれば、それで健康体を保っているというのは一般的な信念体系を覆す興味深い事実である。
      また、そうであるならば、科学的...

      続きを読む
    • 2018/11/29Posted by ブクログ

      おもしろかった! 持病ゆえに霞を食べて生きていけたらと思ってる私にとっては。
      また著者本人が不食だからといって、それを読者に強くお勧めするような内容ではなく、自分はこういう流れで不食にいたったというこ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード