幸福について―人生論―(新潮文庫)

アルトゥール・ショーペンハウアー/橋本文夫/訳

637円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

幸福は人間の一大迷妄である。蜃気楼である。がそうは悟れない。この悟れない人間を悟れないままに、幸福の夢を追わせつつ救済しよう。人生はこの意味では喜劇であり戯曲である。従ってこれを導く人生論も、諷刺的、ユーモア的にならざるをえない。本書は厭世哲学者といわれる著者が、豊富な引用文と平明な表現で人生の意義を説き幸福を教える名随筆「処世術箴言」の全訳である。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード