生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした

著者:モンズースー

1,080円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    発達障害グレーゾーンな息子たちを、自身もADHDと診断された母が懸命に育てる姿をコミックエッセイに。アメブロランキング総合1位を獲得。描きおろし秘話100ページ以上収録し、発売されます。※紙版発行時の情報です。

    続きを読む
    • 生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 全 3 巻

      3,456円(税込)
      34pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.8
    10
    5
    3
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/01/22Posted by ブクログ

      最近定着し始めた言葉や概念だが、他の障害や病気と異なり、非定型発達の雛型はなくて、程度も傾向も千差万別。これは本当に難しい。性格、個性とも、困りごとの果てはハードルともいえる。周囲の言葉は時に剃刀のよ...

      続きを読む
    • 2019/01/15Posted by ブクログ

      息子がどうやら周りの子に比べて発達が遅い気がする。そこから調べ始めたら自分もADHDな気がして仕方がない。そんな親子の生きづらいなりに生きていくコミックエッセイ。
      やっぱり1番気になるのは「自治体によ...

      続きを読む
    • 2018/01/17Posted by ブクログ

      私は社会に出てから診断がついた発達障害者なので作者に共感しまくり、読んでいて辛くなりました。続編あるみたいですが、手に取れません…

      当事者には辛い本です。_(:3」z)_

    開く

    セーフモード