【最新刊】痴女の誕生

痴女の誕生

安田理央

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アニメやマンガや文学や美術も大切だ。だが、アダルトヴィデオの歴史を知らなければこの国の文化はほんとうにはわからない。そのことを、この本で証明してみせた安田理央に文化勲章を! 教科書にして学校で教えてもいいよね。高橋源一郎(作家・明治学院大学教授)アダルトメディアが現実を浸食していることを誰も知らない。インターネットはセックスをとりまく環境を根底から変えてしまった。いやま体験のない若い年代までもがAVでやっていることを当たり前と思うようになっている。いつのまにか「美少女」「熟女」「素人」などのジャンルが成立し、90年代には「痴女」、ゼロ年代にはついに「男の娘(こ)」が誕生する。セックスしない男女が話題になる中、はじめてアダルトメディアの歴史を解き明かし、今現在進行しているセックスの状況をつぶさに描き出す革命的論考。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/05/20

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 痴女の誕生
      2020/04/30

      ピンク映画、ロマンポルノが終焉し、家庭用ビデオが普及しAVの時代が始まってから今日、その時代時代で男たちが性欲の赴くままに、次々とその嗜好や女たちの属性(「タイプ」と違うのはルックスや性格よりも性的な...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 痴女の誕生
      2017/03/22

      他に類のない本、といえます。

      アダルトを扱いながら、分析は事実に基づき正確かつ冷静です。一冊で、日本のアダルト(ビデオ)業界の変遷を理解することができます。

      一方、読んだ側としては、業界が転換する...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 痴女の誕生
      2021/01/15

      AVにおける「美少女」「熟女・人妻」「素人」「痴女」「ニューハーフ・女の娘」という五つのジャンルをとりあげ、それぞれのジャンルにおける流行の変遷をたどっている本です。

      著者は「はじめに」で、「アダル...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード