【最新刊】るるぶ南武線

るるぶ南武線

JTBパブリッシング

855円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    川崎市から稲城市、府中市、国立市、立川市と多摩川に沿うように走るJR南武線の沿線を紹介する「るるぶ」の登場です。ファミリーで楽しめる週末おでかけ特集では、緑あふれる公園やお勉強になる社会科見学スポットなどを計画の立てやすいモデルコースで提案。沿線のグルメ情報も盛りだくさん。地産地消の美味しい名店、人気のラーメン、地元で造られる地ビール、絶品スイーツ、新鮮な地元農産品など魅力があふれています。さらにはアクセス抜群の駅ビル情報やJR南武線の全駅のスポットを紹介するガイドページも充実しています。※この電子書籍は2016年3月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります

    続きを読む
    ページ数
    125ページ
    提供開始日
    2016/05/20
    連載誌/レーベル
    るるぶ(国内シリーズ)
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューコメント
    • るるぶ南武線

      見つけちゃいました。るるぶ南武線♪ 南武線沿線で紹介されていた場所で行きたいのは、サントリー武蔵野ビール工場と国立極地研究所南極・北極科学館です。以前読んだ「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」の著者...

      続きを読む
    • るるぶ南武線

      一昨年よく通った谷保天満宮にはクルマで行ってたから、いつか気持ちが整ったら南武線で出掛けてみようかな。府中はとても清潔で実は好きな街。武蔵小杉や武蔵溝ノ口や終点の川崎には、懐かしい友達が住んでいる。会...

      続きを読む
    • るるぶ南武線

      同時に購入した「るるぶ房総」よりだいぶ薄いな。しかもこっちのほうが高いし。南武線各駅が平等に掲載されてます。こうしてみると下りの登戸より先の駅はほとんど行ったことないな。行くとしても車だし。

    • るるぶ南武線

      お店紹介はありきたりだが、南武線全駅徹底ガイドはよかった。

    • るるぶ南武線

      以前南武線沿線に住んでいたことがあったし、南武線の歌もあるくらいなので読んでみました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾!定期のある方は持ってて損はしない気がします。

    セーフモード