【最新刊】その絆は対角線

日曜は憧れの国

2冊

著:円居挽

641円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    内気な性格に悩む中学生の千鶴は、自身を変えるための新しい挑戦として、“憧れの国”と呼ばれる四谷のカルチャーセンターに通い始める。そこで出会ったのは、性格も学校も異なるがそれぞれに悩みを抱える同い年の、桃、真紀、公子。なぜかいつも講座でささやかな謎に遭遇する彼女たちは、時にぶつかり合い、時に支え合いながら、事件を通して自分の内面を見つめ直していく。創作講座で絶賛された作者不明の原稿、経済学講座を担当するカリスマ講師を巡る盗難事件。それらの謎を解き明かした時に、少女たちは成長していく。温かな青春ミステリ。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/10/21
    • 日曜は憧れの国 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      日曜は憧れの国 全 2 巻

      1,282円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    3.2
    28
    5
    1
    4
    7
    3
    19
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/13Posted by ブクログ

      こういうの若い子に読んでほしいなって思ったけど、私がそう思うってことは若い子にとっては特に刺さらないのかも。
      そもそも若い子は創元推理文庫とか読まなさそー。

    • 2019/04/16Posted by ブクログ

      観点が面白いと思います。
      学校に通う年齢の少女たちの話だけれど
      学校ではなくカルチャーセンターっていうのがいいなと思いました。

    • 2019/02/26Posted by ブクログ

      中学生がひょんなことからカルチャースクールで知り合い、互いに刺激を受けながら成長するという内容ですが、自分が中学生の頃にはこんなに深く物事を考えていなかった気がする。
      でも、大人になって改めて純粋に何...

      続きを読む
    開く

    セーフモード