【最新刊】赤字はどこへ消えた?

赤字はどこへ消えた?
1冊

平林亮子

1,404円(税込)
ポイント 14pt

通常ポイント:14pt

「この決算書はどこのものでしょう?」巧妙に赤字を隠す粉飾決算、利益が出ていても課税されない、そして黒字なのに危ない・・・そんな企業の秘密はすべて決算書に隠されている!かつて、今話題の東芝の監査チームにもいたことのある美人会計士の、実物決算書を使った人気セミナーが一冊の本に。小さなヒントとその解説から、社名を当てるというクイズ形式で楽しく会計が学べる! 【著者紹介】平林 亮子(ひらばやし・りょうこ)公認会計士。中小ベンチャー企業をサポートする士業ネットワークアールパートナーズ代表。お茶の水女子大学在学中に公認会計士2次試験に合格。卒業後、太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)に入所し、国内企業の監査に多数携わる。公認会計士三次試験合格後、独立。楽しく幸せに生きるをモットーに、企業、個人を問わず会計面からのサポートを行っている。『相続は恐ろしい』(幻冬舎新書)『決算書を楽しもう』(ダイアモンド社)『年収500万円で20年働く人 年収1000万円で10年働く人 損しないのはどっち?』(幻冬舎)など著書多数。

続きを読む
ページ数
162ページ
提供開始日
2016/05/19

レビュー

レビューはありません。

セーフモード