神様もう一度だけ愛してると言わせて

著者:青葉優一

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幸せな交際を経て結婚した宗一と瞳。だが入籍当日、宗一は事故により急逝し、瞳を見守るだけの幽霊のような存在となってしまう。瞳が再び幸せ掴むことをひたすら願う宗一だが、瞳は亡き宗一を変わらずに想い続ける。「生前にプレゼントしたものにだけ触れることができる」という事実に気づいた宗一は、それを使って自分の願いを伝えるべく苦心する。交錯する二人の想いの行方は果たして――?

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/07/13Posted by ブクログ

      読みやすくて面白かった。 
      とても綺麗で、優しくて、柔らかくて、美しくて、清らかで、悲しくて、辛くて、切なくて、泣きたくて、微笑む物語。 

    • 2018/03/06Posted by ブクログ

      一途な愛を感じる作品でした。あらすじで紹介されているように、主人公で幽霊となる宗一は「生前にプレゼントしたものだけ触れることができる」という能力をもっています。まるで『ゴースト/ニューヨークの幻』を彷...

      続きを読む
    • 2020/01/14Posted by ブクログ

      大切な人を失った瞳。どれだけ辛いのか想像できないほどだけど、大切な人を残して死んでしまった宗一も辛いだろう。近くで見ていても、何もできないのが特に。2人が「話している」ところは少なかったけれど、お互い...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001642086","price":"671"}]

    セーフモード