【最新刊】日本酒BAR「四季」春夏冬中 さくら咲く季節の味

日本酒BAR「四季」春夏冬中

著者:つるみ犬丸

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    恵比寿の繁華街の片隅にたたずむ、巷で噂の日本酒バー「四季-Shiki-」。暖簾をくぐれば、和服の女店主と若いがやり手の青年が、お客さんごとの好みに合わせた心尽くしの料理と美味しいお酒で出迎えてくれる。だけど近頃はお客が遠のき気味。店を覗けば、閑古鳥が鳴いている始末。どうやら近くに、おしゃれなライバル店が出来たようで――。『本醸造酒 蒼田』『上善如水スパークリング』『仙介 純米大吟醸』『譲し人九平次 山田錦 EAU DU DESIR』といった実在するお酒が多数登場! 読んだら飲みたくなる、日本酒&料理レビューも収録!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/25
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 日本酒BAR「四季」春夏冬中 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      日本酒BAR「四季」春夏冬中 全 2 巻

      1,386円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      前作が面白かったので引き続き読んでみる事にしました。

      キンモクセイみたいなお店、やだなー。
      呑みに行ってまで嫌味っぽいこと聞かされたくない。
      だからああいう結果になってスカッとしました。

      やっぱり...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      新潟の蔵元の実家から、家出同然で東京に飛び出してきた21歳の青年、北条冴蔵(ほうじょうさくら)。彼が空腹で行き倒れ寸前で出会ったのは、ほんわか眼鏡美人の小料理屋の女店主、赤橋楓。彼女は三年前の夫の死に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード